わたしたちの生活と情報社会

コンピュータ・ネットワーク

コンピュータ・ネットワークって何?

コンピュータネットワーク(Computer Network)とは、各地に点在するコンピュータ同士を通信回線で接続したものです。大きく大別すると”ホスト集中型ネットワーク”と”分散型ネットワーク”があります。
情報をより速く、正確に伝達することを目的としています。また、はなれたところに保存されているデータでも利用可能であるという大きなメリットがあります。現在、アメリカの”情報スーパーハイウェイ構想”など世界的規模でネットワーク化が進められています。

パソコン通信とインターネット

昔から聞くコンピュータネットワークに”パソコン通信”というものと、最近テレビや新聞、雑誌などにとり挙げられている”インターネット”というコンピュータネットワークがあります。
さて、これらは共通なものなのでしょうか??

パソコン通信
パソコン通信は、電話回線を通じてパソコンを別のコンピュータに接続し、情報やデータのやりとりをすることです。それぞれのパソコン端末からホストコンピュータへ接続することにより、電子メールやニュース、データベースなどさまざまなサービスを利用することができます。また、アクセスポイントを全国の主要都市に置き、電話利用料金としては、市内料金の範囲でアクセスできるというメリットもあります。
インターネット
水平分散型のネットワークで、さまざまなネットワーク同士を接続しており、それぞれのネットワークが持つ情報を利用することができます。電話回線や専用回線を利用して接続され、電子メールやファイル転送、遠隔ログインなどのサービスが利用できます。最近では、WWW(World Wide Web)といったマルチメディア情報検索システムが普及し活用されています。
インターネットは、世界各地の大学や研究所のLANを相互接続したネットワークでしたが、近年では一般企業などが加わり、さらにパソコン通信との接続もでき、世界規模のコンピュータネットワークとして注目されています。

電子メール

コンピュータネットワークを介した個人対個人のメッセージの伝達手段である。個人対複数のメッセージ交換を行なうこともできる。より正確にいうとコンピュータのあるユーザから、別のコンピュータの別のユーザ宛にメッセージを送る仕組みのことである。

電子メールの特徴
電子メールのよい点
  • 好きな時間に読み書きができる
  • 複数の人に同時に送ることができる
  • 文書の編集が簡単で、場所を移動する必要がない
  • 文書を必要に応じて再利用することができる
  • 時間や空間の超越性
電子メールの課題
  • 伝達手段の多様化
  • 伝達の確実性
電子メールのセキュリティ
電子メールで機密な内容をやりとりする場合、もし送る相手のアドレスをまちがえてしまうと内容がもれてしまいます。こういう状態を防ぐためには、文章の暗号化という方法が考えられます。

電子ニュース(NetNews)

インターネットにおける電子掲示版システムのことである。電子ニュースは、個人対不特定多数を対象にした双方向のコミュニケーション手段である。みんなの生活の中では、誰もが掲示することができる掲示版だと思えばいいでしょう。

電子ニュースを利用するにあたって知っておくこと

World Wide Web(WWW)

ハイパーテキストという概念を取り込んだ情報検索システムである。このオンラインディジタル教科書もWWWを利用したものである。他にも、音声や動画などのマルチメディア情報を検索することができる。

WWWを利用するにあたって知っておくこと
HTML(HyperText Markup Language)
ハイパーテキスト記述言語。さまざまな情報を結びつけ、インターネット上の情報を透過的に表現できます。このページもHTMLで記述されています。
URL
HTTPプロトコルを用いて、インターネット上の資源にアクセスするための名付け方法。情報資源の住所のようなもの。
HTTP(HyperText Transfer Protocol)
サーバ/クライアント間の通信プロトコル。サーバとクライアントの間の通信における約束事のようなもの。